PROFILE

2004年1月 地元八王子にてFUNKY MONKEY BABYSを結成。

2006年1月「そのまんま東へ」でメジャーデビュー以降、2009 年から「紅白歌合戦」に4年間連続で出場、 TBS「輝く!日本レコード大賞」においても3年連続で出演し作曲賞、優秀作品賞、優秀アルバム賞の各賞を獲得する。

2013年6月夢の舞台でもあった「東京ドーム」にて、同グループを解散。
解散ライブとなった東京ドーム公演のライブチケット申し込み数は60万件を越え、 ライブ当日は2日間で超満員の 10 万人を動員し、結成から約10年間の活動に幕を閉じた。

FUNKY MONKEY BABYS 解散後は世界各国を旅し、各国の文化や価値観、人との触れ合い、音楽という様々な体験を経て、 2016年1月25日にモン吉としてソロ活動を開始した。
同年3月9日にソロとして初となる楽曲「桜ユラユラ」を、7月には俳優 濱田岳がMVに出演した「遥か」を配信リリースし、 8月10日に待望の1stソロアルバム『モン吉 1』をリリースした。
アルバムリリース後、ワンマンで初のライブハウスツアー「猿旅2016」を全国10ヶ所で実施。 楽しく、心地良く、笑顔の溢れるライブスタイルは、ソロアーティスト“モン吉” という存在感を大きく示す事になった。

2017年12月13日に2ndアルバム『モン吉 2』のリリースが決定。
前作から約 1 年 4 ヶ月ぶりにリリースとなる今作では、地元八王子の先輩“KICK THE CAN CREW”の LITTLE と共に「八王子~地元愛の賛歌~ feat.LITTLE(KICK THE CAN CREW)」を制作。 まさしく八王子への地元愛を貫いたスペシャルコラボした。
また「愛の花 feat.前川真悟(かりゆし58)」では“かりゆし58”の前川真悟とコラボ。 沖縄の空と海が目の前に浮かんでくるような沖縄色全開のピースフルソングが誕生。
ファンモンきってのメロディメーカーモン吉のあらゆる要素が詰まった1枚となっている。

そして、2018年には「猿旅2018」を開催する。